更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 081234567891011121314151617181920212223242526272829302012 10

【  2012年09月  】 

第1章10(もうひとつの幸せ)

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.22 (Sat)

 「気持ちいいーっ」 さっきまでの「気持ちイイ」とは、かなり意味が違う。 首まで水に沈んでパシャパシャと水を弾き、無邪気に笑う美春を眺め、学はサンテーブルにアイスミルクティーのグラスを置いた。「いつまでプールに浸かってるんだ? ふやけて水太りするぞ」「なにそれっ、やぁねっ。……だって、まだ身体が熱いんだもん……」 チラリと舌を出し、上目使いで学を見る。思わせぶりな台詞通り、美春はプールサイドでの情事がひ...全文を読む

PageTop▲

第1章9(溶けちゃうくらい…)*R18

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.21 (Fri)

  どことなく、今夜の学は意地悪だ。 そう思ってしまうのは間違いだろうか。「学……ぅ、意地悪ぅ……」「ん? そうか? なんか楽しくてさ」 言葉通り楽しそうに笑う学は、乳房を掴んだまま後ろから強く美春を抱きしめる。悪気ない彼を見ていると責める気も無くなってしまう。美春は苦笑いを浮かべて、彼の滾りに手を添えた。「……もぅ……、浮かれちゃって……」 腰を浮かし、蜜口へとあてがう。ゆっくりと彼を迎え入れ、満ち足りてい...全文を読む

PageTop▲

第1章8(淫らなラウンジャー)*R18

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.20 (Thu)

  どこか感慨深いものを感じるのは、学の口調ゆえだろうか……。「本当……?」「うん、待たせない……」 ラウンジャーに膝を乗せ、背凭れの上部を掴み美春に顔を近付けると、彼女が両腕を彼の肩から回して瞳を絡め合う。「嬉しい……、学……」 頬笑みを作る唇に彼のそれが重なり、学はラウンジャーのリクライニングを二段ほど下げて、美春の体勢を楽にした。 「待たせる」の言葉が、挿入行為を意味していたのか、それとも違う思惑があっ...全文を読む

PageTop▲

第1章7(感じるトコロ)*R高

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.19 (Wed)

 「“ココ”って、どこかなぁ」 この期に及んで、まだしつこく言わせようとしているのだろうか。 意地の悪い質問をする学を連打してやろうと両手が振る上げられる。しかしその手は動けない。手が動く前に、美春の身体が水から上げられたのだ。「きゃっ……、何っ……」 学が美春を抱き上げ、プールサイドへ座らせた。いきなりあげられては驚いてしまうが、更に彼は彼女の両脚も水からあげ、膝を曲げた状態で大開脚をさせたのだ。「ちょ...全文を読む

PageTop▲

第1章6(プールサイドの痴情)*R高

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.18 (Tue)

  考えてみると、凄い言葉であると思うのだ。 ――――天国までイかせてやる。 この場合の“イかせて”は、もちろん快感を与えられたうえでのオーガズムの事だが、それを「天国まで」とは、よほどの自信がなくては言えない。 いや、自信家である彼だからこそ言える言葉でもあり、また、美春が素直に反応してしまうからこそ使われてしまうのだろう。「あっ、……でもっ、急ぎ、すぎ……、んっ……」 唇は美春の肌を求めて首筋をたどり、両手...全文を読む

PageTop▲

第1章5(幸せな噂話)

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.17 (Mon)

 「ホントはさ、ハイ・ラグジュアリー・スイートを取りたかったんだよな」 唇から頬、頬から唇、唇から鼻先、瞼から唇。顔中に降り注いで来るキスを受け、美春はくすぐったげに肩を竦める。「そうしたら、今日からの予約が入っていたらしくて、どうしても部屋を代えられない客らしい。総支配人に謝られたよ。……まぁ、しょうがないよな」「ふぅん、“葉山の御曹司”でも我儘が通らなかったんだ? 珍しい」 茶化す美春にゴンゴンッと...全文を読む

PageTop▲

第1章4(プライベートプール)

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.16 (Sun)

 「水着なんて、いつの間に持って来ていたの?」 プールサイドに座ったまま、勢い良く足を振り上げる。バシャリと跳ね上がった水飛沫はプライベートプールを照らす照明に輝き、宝石のような煌めく粒を作って水の中に立つ学に降りかかった。「家から持って来させたんだよ。ほら、俺の部屋に置いてあっただろう? 今年作った水着」 ひと泳ぎして既に水に濡れている学は、水をかけられても特に怒る訳ではない。かえって彼女の悪戯に...全文を読む

PageTop▲

第1章3(甘い恋人)

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.15 (Sat)

 『愛してるよ、美春』 彼だと分かっているのだから驚く必要も照れる必要もないのだが、やはり電話に応答した第一声が、深いバリトンに囁かれる甘い声では、いくら慣れていても照れざるを得ない。「……普通は、『もしもし』って言うのよ? 出たのが私じゃなかったらどうするの?」『美春が出たのかは匂いで分かる。繋がった瞬間、美春の良い匂いがするんだ。甘くて優しい、溶かされそうな匂い……』「電話なのに?」 学得意のリップ...全文を読む

PageTop▲

第1章2(司法修習生考試)

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.14 (Fri)

 「私が、不安で具合悪くなってるんじゃないかとか、心配で寝込んじゃってるんじゃないか、とか思ったんでしょう?」 いつも通り、凛とした綺麗な笑みを見せてくれた涼香に微笑み返し、美春は言いたかったひと事をやっと口にする。「大丈夫だよ。田島君、きっと上手くいってるよ」 静かに膝を進め、涼香はキュッと美春を抱き締めた。「……有難う、美春……」 新制度ではなく、信のように現行の司法修習生は、卒業試験とも言われる司...全文を読む

PageTop▲

第1章1(ママになる親友)

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.13 (Thu)

 「ねぇねぇ、まだどっちだか分からないの?」 妊婦にこの質問は、時に酷いプレッシャーだ。 男か女か、どちらかに異常な期待が集まっている場合のみならず、どちらでもいいが、早くどちらなのかが知りたいという質問を多く投げかけられれば投げかけられるほど、それは高まる。 だが、訊く側にとっては純粋な期待で訊いているだけなので、特別な事情が無い限り妊婦を困らせようという意図は無い。 ――――特に、美春には。「この間...全文を読む

PageTop▲

第12部・プロローグ

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.12 (Wed)

 「秘書を交換しましょう」 運命の言葉は、とても穏やかな口調で彼の口から発せられた。 ライトブラウンの髪を会議室に満ち溢れる採光に晒し、同じ色の瞳を会議用デスクの向こうで驚愕する、光野美春へと向けている。 彫の深い、優しげだがどこか抜け目のない相貌の口元を僅かに上げ、アラン・ルドワイヤンは、この件に関しての交渉相手である葉山学へと視線を流す。「どうだろう、マナブ。我がロシュティスと葉山製薬の提携を記...全文を読む

PageTop▲

『理想の恋愛 完璧な愛』第12部「前書き・あらすじ・登場人物」

理想の恋愛 完璧な愛・第12部(完結編)

2012.09.10 (Mon)

 ● 前書き ●  *(第12部は、2013/10/17完結いたしました)  この作品は、所々に性表現を含んでいます。【一部R18】となりますので、閲覧時はご注意下さい。また、【社R】要素も含まれています。あわせて閲覧時はご配慮頂きます様お願い申し上げます。  サブタイトルの後ろに「性表現レベル」の表示を入れさせて頂いています。  『*R18』は「性交描写有」・  『*R高』は「性描写高め」・   『*R凌レ』は「凌辱・...全文を読む

PageTop▲

●『ブロマンス~葉山君と田島君~』(キリ拍手1万記念リクエスト)

理想の恋愛・企画SS集

2012.09.09 (Sun)

 「ほらほら、乾杯、乾杯」 浮かれた口調は、デート帰りである彼の気持ちそのままだ。 ニコニコというよりは、少々だらしなくニヤニヤ笑いを顔面に残した田島信は、冷蔵庫から出してきたばかりの缶コーヒー二本のうちの一本を差し出した。 コーヒー代は信の財布から出たものだが、一般庶民代表男子高校生の心遣いに、一般庶民ではない御曹司代表は文句を付ける。「おまっ、コーヒーかよ。こういう時はビールだろうが」 不満を口...全文を読む

PageTop▲

頂き物♪gift

● リンク・etc ●

2012.09.08 (Sat)

 ●頂き物を御紹介させて頂きます。 尚、各サイト様へ御訪問の際は、ABOUT等ご確認の上御閲覧頂きますよう、お願い申しあげます。☆葉野りるは 様 (Riruha* Library) サイト作品『恋桜~さくら~』のイメージサウンドを作って頂きました。 こちらのリンクからどうぞ。とても綺麗なピアノ曲です。 『恋桜~さくら~』イメージサウンド *御紹介をさせて頂いた活報はこちらになります。☆NAO 様(voyage...全文を読む

PageTop▲

イラスト・NAO 様

未分類

2012.09.08 (Sat)

 ●おにぎりをにぎる美春ちゃん(2013/05/09)『理想の恋愛 完璧な愛』第12部第13章3をイメージして描いてくださいました。^^  ●神藤さん  *ええ。もぅ、頂いた瞬間鼻血が出そうでした。(///∇//)  いつか紗月姫ちゃんとセットで……。(こっそり我儘を書いておく……) ●美春ちゃん *ツイッターで最初にUPされていたものはもう少し大きかったかな?  でも可愛らしさは変わりません! ●学&美春・高校生(ラフ画...全文を読む

PageTop▲

●『アン・ハッピー・ブルームーン』(ブルームーンSS)

恋のエトセトラ

2012.09.01 (Sat)

 「今日って、ブルームーンなんだぞ。知ってるか?」 五歩くらい前を歩いていた康太さんが、夜空を指差し、少しお酒が入った機嫌の良い声を出した。「何、それ?」 ジュースが入った買い物袋が重い。右手から左手に持ち替え、特に興味も無かったけれど一応問い返した。「何だよ、知らないのか。女なんだから、これくらい知っとけよ」「すいませんねーーだっ」 ほら、始まった。 「女だから」「女なんだから」これは康太さんの口...全文を読む

PageTop▲

前月     2012年09月       翌月

Menu

プロフィール

玉紀 直

Author:玉紀 直
FC2ブログへようこそ!

ツイッター

ツイッターでの呟きです。 作品の事なんかも呟いてますが、プライベートネタも多いです。(笑)

    follow me on Twitter

    最新記事

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR