更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 04

【  2015年03月  】 

第二章・3月/5

溺愛マリッジ

2015.03.30 (Mon)

  午前中、仕事以外の用事に時間をとられたものの、櫻井の協力もあって、その日のスケジュールは滞りなく進行した。 途中、紗月姫から葉山邸へ誕生日のプレゼントを届けたとの連絡が入り、内容を聞いた美春はとても心が浮き立ったのである。 早く帰って、紗月姫からのプレゼントを開けたかった。 しかし今夜は、学とバースデーデートの予定が入っている。彼女からのプレゼントが見られるのは明日になるかもしれない。 定時後、...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』「恋のエトセトラ」作品を分けました

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2015.03.29 (Sun)

 『みゅーじあむ休憩室』に、最新のお知らせ、「「恋のエトセトラ」作品を分けました」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

第二章・3月/4

溺愛マリッジ

2015.03.29 (Sun)

  スタジオ内は、いつも通りの忙しさだった。 四か月前に採用され、まだ試用期間である青年は、今日もディレクターや先輩アシスタントにどやされながら走り回る。 機材を抱え、両手どころか口に配線を咥えて。右へ左へ。 正直、忙しくて堪らない。果たして今日は何時に帰れるのだろう。その前に、昼食をとる時間はあるだろうか。今朝はコンビニにも寄れなかったので、栄養補給用のゼリー飲料さえも買えていない。 だが、忙しい...全文を読む

PageTop▲

第二章・3月/3

溺愛マリッジ

2015.03.28 (Sat)

  黄色い八重咲きのチューリップが十本。 かすみ草と一緒にラッピングされた花束は、とてもかわいらしい。 受付で受け取ったときは気持ちが明るかった美春であったが、添えられていたカードを見て、その気持ちはフェードアウトしていった。 そして、そんな彼女の様子を見てカードを覗きこんだ櫻井も、表情を固めてしまったのである。 差出人が分からないうえ、そこには……「“あなたの白い肌も透き通る声も、すべてが素敵です。...全文を読む

PageTop▲

第二章・3月/2

溺愛マリッジ

2015.03.27 (Fri)

  差出人不明の贈り物に注意を払うのは、当然である。 普通に生活をしていたって、誰からか分からない封書が届けばおかしく思うだろう。 美春は今、葉山グループの跡取りたる男の妻なのだ。知らないところで、なにかの妬みや良からぬ目的のターゲットにされてしまう恐れだってある。 婚約者時代にだって、そんな出来事が何度かあった。 いくら平和な日々が続いているのだといっても、まったく気を抜いて良いわけではない。学は...全文を読む

PageTop▲

第二章・3月/1

溺愛マリッジ

2015.03.26 (Thu)

  そこは、とても無機質な空間だ―― 四角い箱をそのまま置いたかのような殺風景な部屋。 内装が凝っているわけでも、調度品で飾られているわけでもない。 おまけに窓もなく照明も消されている。真っ暗闇にならないのは、かろうじて足元を走っている常夜灯が明るく感じられるおかげだろう。 それでも、いつもはこんなにも寂しい場所ではない。 仕事中は賑やかだ。 椅子や机が置かれ、様々な機材が並べられる。カメラのフラッシ...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』遅くなりました!

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2015.03.24 (Tue)

 『みゅーじあむ休憩室』に、雑談「遅くなりました!」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年03月       翌月

Menu

プロフィール

玉紀 直

Author:玉紀 直
FC2ブログへようこそ!

ツイッター

ツイッターでの呟きです。 作品の事なんかも呟いてますが、プライベートネタも多いです。(笑)

    follow me on Twitter

    最新記事

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR