更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 02

【  2016年01月  】 

第四章・年下はやっぱり嫌いです!/1

年下ですが貴女を好きになってもいいですか

2016.01.28 (Thu)

 「……いってきます……」 こそっと呟き、ドアを閉める。 ひと声かけたのは、誰かに気づいてもらいたかったからではない。 むしろ、気づかれたくないからこそ、いつもより二時間も早い電車を選択して家を出たのだ。 門を出て左右を見渡す。早朝の住宅街は、歩道車道とも静かなものだ。 また昨日のように琉生が迎えに来るのではないか…… 警戒しつつ、それを期待した。もし来たら、美緒を起こして言ってやるのだ。昨日と一昨日、一...全文を読む

PageTop▲

第三章・年下はしつこいです!/6

年下ですが貴女を好きになってもいいですか

2016.01.25 (Mon)

  定時に仕事は終わったものの、美涼が家に帰りついたのは二十一時も過ぎた頃だった。 車の中で琉生に抱かれ、昨日のように何度も挑まれてしまうのかと覚悟もした。しかし彼は、けだるそうにする美涼の服を丁寧に直し、彼女を抱き寄せて休ませてくれたのだ。『無理させた? ごめんね、美涼さん。俺……我慢できなくて……』 寄りかからせてくれる胸。髪を撫でる手。そのすべてが心地良くて、美涼は琉生の腕の中で身動きすることがで...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』雪が続きますね

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2016.01.24 (Sun)

 『みゅーじあむ休憩室』に、何気なく、なお話「雪が続きますね」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

第三章・年下はしつこいです!/5

年下ですが貴女を好きになってもいいですか

2016.01.21 (Thu)

  ハジメテ、とは、随分と意味深な言いかただ。 これと似たようなことが昨日もあった気がする。 ――キスで感じたのは初めてだと聞いて、琉生がとても嬉しそうにはしゃいだときだ……「ハジメテが悪いと、そのまま嫌いになっちゃうことが多いからね。美涼さんがカーセックス嫌いにならないように、気持ちよーくしてあげますからねーぇ」「なっ、なんなのよ、その理屈っ」 思わずぽかっと琉生の頭を叩いてしまう。彼はそんな反撃を歯...全文を読む

PageTop▲

第三章・年下はしつこいです!/4

年下ですが貴女を好きになってもいいですか

2016.01.18 (Mon)

 「美涼さーん、一緒に帰りましょー」「やだっ」「いーじゃないですかー。仲良くしましょうよぉ」「うるさいっ」「ちゃんと送りますって。ヘンな所に入ったりしませんからー」「し、つ、こ、いっ」 言葉のひとつひとつを強調し、美涼はくるりと振り返る。真後ろには、琉生が鞄片手に緩く立つ姿があった。「私は電車で帰るっ。だいたい、一緒に帰ろう一緒に帰ろうなんて、しつこいわよっ。返事をしてない時点で悟りなさいよ」「俺の...全文を読む

PageTop▲

第三章・年下はしつこいです!/3

年下ですが貴女を好きになってもいいですか

2016.01.14 (Thu)

  美緒の様子が気になる…… 永美がその後、仕事で国枝から文句をつけられていないかも気になる。 でも、それ以上に…… ――好きです…… そう言った琉生の声と表情を思いだし、美涼の体温が上がる。必要もないのに蛇口をひねり、せめてもの対策で冷たい水に両手をさらした。本当は熱く感じる顔にかけてしまいたいところだ。 営業一課がある十階のフロア。給湯室には美涼がひとり。課長の松宮が外出から戻ったのでコーヒーを淹れよう...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』拍手お礼です

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2016.01.12 (Tue)

 『みゅーじあむ休憩室』に、拍手コメレス「拍手お礼です」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

第三章・年下はしつこいです!/2

年下ですが貴女を好きになってもいいですか

2016.01.11 (Mon)

 「ど……堂嶋君……」 フロントガラス越しに見える、ちょっと軽薄な笑顔。それは間違いなく琉生だ。 驚いて立ち止まった美涼を見て、ふと表情を変える。それが嬉しそうにはにかんだ笑顔に見え、美涼は不覚にもドキリとした。 すると、琉生が運転席の窓から顔を出したのだ。「おっはよーございまーす。乗ってくださいよ美涼さん。仲良く一緒にイきましょー」 感じたばかりのドキリが冷めるほどの軽口。『行きましょう』と言うべきと...全文を読む

PageTop▲

1/8 少し更新

活動報告2015/4~

2016.01.08 (Fri)

 こんにちは。玉紀です。昨日今日と、少し作品の更新をかけることができました。昨日は、2014年エタニティフェア限定だった『甘いトモダチ関係』のSS.(一年たったのでサイト公開がOKになったのです)今日は『年下ですが貴女を好きになってもいいですか』の更新。『年下ですが~』は、約三ヶ月ぶりの更新……(・・;)第三章は、サブタイトルのまんま、琉生がしつこいお話です。(笑)それだけじゃなくて、ちょっと問題も起こった...全文を読む

PageTop▲

第三章・年下はしつこいです!/1

年下ですが貴女を好きになってもいいですか

2016.01.08 (Fri)

  こんな疲労感は、久しぶりのような気がする。 全身はけだるいのに、不快感はない。それどころか心身ともに軽くて、爽やかささえ感じるのだ。 寝不足の朝には苦みだけが口に残るコーヒーも、今朝は美味しい。 三時間しか寝ていないのに…… 憑き物でも落ちたかのような気持ちの晴れやかさ。それを感じながら、美涼はコーヒーをすすりハアッと吐息する。 倉田家、朝のダイニングテーブルに着くのは美涼ひとり。父はすでに出社し...全文を読む

PageTop▲

*『運命の瞬間は突然に』(エタニティフェア用SS)

恋のエトセトラ

2016.01.07 (Thu)

 こちらは、2014年どこでも読書さまモバイルサイト限定で行われました「エタニティフェア」用に書いた『甘いトモダチ関係』のSSとなります。***************「これこそ運命の瞬間、って感じたことありますか?」 まるで、女性雑誌の見出しのような質問である。 終業時間間近の給湯室。会議室から下げてきた湯呑み茶碗を洗いながら、朱莉は「は?」と聞き返した。 質問の主は後輩の望美。彼女は両手を胸の前で握...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』『甘いトモダチ関係』第四話・更新です!

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2016.01.07 (Thu)

 『みゅーじあむ休憩室』に、漫画関連記事「『甘いトモダチ関係』第四話・更新です!」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』「溺愛幼なじみと指輪の約束」御礼

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2016.01.05 (Tue)

 『みゅーじあむ休憩室』に書籍関連記事「「溺愛幼なじみと指輪の約束」御礼」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』初詣に行ってきました

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2016.01.04 (Mon)

 『みゅーじあむ休憩室』に、朝のぼやき「初詣に行ってきました」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

1/3 1月の予定

活動報告2015/4~

2016.01.03 (Sun)

 こんにちは。玉紀です。お正月三箇日、いかがお過ごしでしょうか。(*^^*) 新年のご挨拶はさせていただいたものの、今月の予定を書いていなかったことに気づきました……さてさて、年前も泣きごとのように言っておりましたが、今月は連載作品の更新を再開したいと思います!一週間以内には開始したいと思いますので、よろしくお願いいたします。(おっ、大きく出ましたな)ひとまず、『年下ですが貴女を好きになってもいいですか』...全文を読む

PageTop▲

2016/1/1 新年ご挨拶

活動報告2015/4~

2016.01.01 (Fri)

 新年、あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。こんにちは。玉紀 直です。2016年が明けました。皆様、健やかな元日をお過ごしでしょうか。思えば昨年は、がらりと執筆環境が変わってしまったせいもあって、随分と慌ただしくすごしてしまったような気がします。今年はもう少し気持ちに余裕を持つことを心がけて、相変わらずですが自分のペースで執筆していけたら...全文を読む

PageTop▲

『休憩室』年賀状!

『みゅーじあむ休憩室』(お知らせや&雑談)

2016.01.01 (Fri)

 あけましておめでとうございます!『みゅーじあむ休憩室』に、「年賀状!」をUPいたしました。...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年01月       翌月

Menu

プロフィール

玉紀 直

Author:玉紀 直
FC2ブログへようこそ!

ツイッター

ツイッターでの呟きです。 作品の事なんかも呟いてますが、プライベートネタも多いです。(笑)

    follow me on Twitter

    最新記事

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR