「理想の恋愛 完璧な愛・シリーズ(第7部~第11部)」
理想の恋愛 完璧な愛・第11部

【もしも企画】番外編『僕のお姫様』act.7

 ←【もしも企画】番外編『僕のお姫様』act.6 →【もしも企画】番外編『僕のお姫様』act.8

 結婚式の前日だ。美春が、光野家の人間として過ごす最後の夜。
 恥ずかしくはあるが、「今まで有難うございました」の挨拶を、美春は大介とエリの前でするつもりでいたのだ。
 きっと泣いてしまうだろう。お嫁に行くのは隣の家だ、いつでも会う事は出来るが、明日の朝に籍を入れる美春としては、両親への挨拶を“光野美春”としてのケジメにするつもりでいた。
 だが大介は、今夜は仕事で帰れないので葉山家へ行っているようにと、美春を学に預けてしまったのだ。

 弱気になる美春を胸に寄り掛からせたまま、学は彼女の頭をポンポンッと撫でた。
「大介父さん、美春の顔を見たら、寂しくて堪らなくなるから仕事を入れちゃったんじゃないのかな……」

 本人はもちろんだが、学だって今夜は、美春が光野の両親と過ごすものだと思っていた。
 美春には秘密なのだが、会社で大介が専務室を訪れ、学に頼んだのだ。「今夜は美春を、葉山の家へ置いてやってくれ」と。
 別に美春と過ごしたくないとか、この結婚を認めたくないなどの理由ではない。
 大介はふたりの結婚に納得はしている。人柄も家柄も仕事振りも、文句の付けようがないものを持っている男の元へ、娘は喜んで嫁に行くのだから。
 十六歳で、という部分に「早いのでは?」と言いたい気持ちはあるが、学や美春がどれだけ互いを好きなのかも知っているし、美春などは学を好きで好きで堪らなくて、出張で数日いなくなるだけで知恵熱を出してしまうほどなのだ。
 寂しくてはあっても「早く結婚させてあげたい」と思わざるを得ない。
 娘が幸せになるのは嬉しい。けれど、酷く寂しくもある。
 美春に、「今までお世話になりました」などと、例え笑って明るく言われたとしても、大介は号泣してしまいそうだ。「たかが十六年間で、何が『お世話に』だ。もう少し世話になってから言え」と……。
 そんな挨拶など聞きたくない。しかし家にいれば、必ず美春は口にするだろう。そこで大介は、美春を学に預けた。
 美春は明日の朝、学と共に婚姻届を出しに行き、そのまま式場へ向かう。
 次に顔を合わせる時、娘は“葉山美春”になっているのだ。

 いっそその方が気持ちに諦めが着くと、誠実な大介らしくない、ずるい事を考えてしまった。

「ねぇ、美春」
 頭を撫でる手を止めると美春の顔が上がる。不安を溜めた彼女の目は、もしかして父親がこの結婚を祝福してくれてはいないのかと、有り得ない不安で潤んでいた。
「あす、大介父さんに会ったらさ、『これからも宜しくお願いします』って、御挨拶しようか」
「……今まで、有難う、じゃなくて……?」
「違うよ。だって、美春は僕のお嫁さんになっても、大介父さんとエリお母さんの娘だろう?」
「……うん……」
「名字と住む家は変わるよ。でも、美春は一生、ふたりの娘だろう?」

 じわり……っと、美春の瞳が潤む。
 お嫁に行くという事を、名字が変わるという事を、彼女はどこか両親と関係が遠くなる事のように感じていた。
 ――でも、それは違うのだ……。

「だから、これからも宜しくお願いします、って、ふたりに御挨拶しようね。お父さん、きっと『何を言ってる、当たり前だ』って、言ってくれるよ」
 ぽろぽろと、大きな瞳から涙が零れた。
 学に言われると、本当に大介がそう言ってくれるような気がしてくる。いや、大介は、きっとそう言ってくれる。
 美春が大好きな、父親の顔で。

 美春はコクコクと頷きながら涙を拭った。
「お父さん……、喜んでくれるよね……」
「当り前だろう? 大好きな美春が、幸せになるんだよ?」
 肩を抱かれたまま、美春は学の胸にくりくりと顔を擦り付ける。可愛らしい懐き方をする彼女を微笑ましく眺めていると、美春は顔を上げ悪戯っ子の顔をした。
「じゃぁ、学君は、お父さんの為にも私を幸せにしなくちゃならないんだね。責任重大だね」

 学は笑ってしまった。
「僕は美春の為に、美春を幸せにするんだ」
 そのまま彼女を抱き締め、唇を重ねる。
「愛しているよ。美春……」

 美春の瞳から、今度は幸せに誘われた涙が、ぽろぽろと流れ出した。







人気ブログランキングへ

**********

後書き

 こんにちは。玉紀 直です。
 今日はちょっと短めでごめんなさい。
 本編の大介さんはどうなのかな……、とか、ちょっと考えました。
 まぁ、逃げちゃう事は無いんでしょうが、逃げたくなるのかな? とか。
 早く本編でも、こんなお話が書ければいいなとか……。(書けよ)( ̄  ̄;;すいません長く引っ張ってて……。

 パラレルも、次回がラストです。
 皆さんが、ちょっと気になってるんじゃないかな? という話題が出てきますよ。(笑)
 是非お付き合いくださいね!

 では、次回!!





 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 迷宮の天使*LS*
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋桜~さくら・シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2017・短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 溺愛マリッジ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のエトセトラ
総もくじ  3kaku_s_L.png 迷宮の天使*LS*
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋桜~さくら・シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【もしも企画】番外編『僕のお姫様』act.6】へ  【【もしも企画】番外編『僕のお姫様』act.8】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【【もしも企画】番外編『僕のお姫様』act.6】へ
  • 【【もしも企画】番外編『僕のお姫様』act.8】へ