恋桜~さくら【改稿版】

第四章・一夜の恋/3

 ←6/1 6月の色々 →『休憩室』塩パン

「……好き」
 最初に呟いたのはわたしのほうだった。
 まさかその言葉が飛び出すとは思っていなかったのかもしれない。葉山さんは驚いて腕の力を緩め、わずかに目を見開く。
 わたしは彼と視線を合わせて、もう一度繰り返した。
「葉山さんが……、好きです」

 これは、間違いのない気持ち。
 そんな感情を知らなかったわたしは、不思議に思いながらも今まで気づけなかった……

 満開の桜。
 まるでその魔法にかかってしまったように、揺れ動いた気持ち。
 あのとき、わたしは一目で葉山さんに惹かれ恋をした。
 けれど、そのあとの印象があまりにも最悪で。だから、その気持ちを感じ続けることができなかった。
 彼に関わるたび、何気ない優しさに触れるたび。心の中に舞い散った桜。
 降り積もる花びらは、少しずつ積り続けた葉山さんへの想い。

 あなたが好きだという想いを……
 わたしは、桜の花びらを浴びるように感じ続けた。
 舞い踊り、降り積もる……
 ――この、恋を……

「サキ……俺も……」
 葉山さんはきっと、わたしと同じ言葉を口にしようとしてくれたのだと思う。
 けれどわたしは、その言葉を止めた。
 片手を伸ばし、指先で彼の唇に触れる。その意味に気づいたのか、開きかかっていた唇は閉じられた。

「言わないで、ください……」
 わたしは情けない声を出してしまっていた。嗚咽の混じった、とても哀れな声だ。
「葉山さんは……、さくらお嬢さんを、お嫁さんにもらうんですから……」

 聞きたくはなかった。
 葉山さんが、“さくら”ではなく、“サキ”にかける『好きだ』という言葉なんて……
 彼の目は徐々に細められ、やがてその双眸は切ない色を湛えてわたしを見つめる。
「サキ……」

 そう、今、彼が見つめているのは“サキ”だ。
 その素敵な声で呼ぶのは、サキの名前。
 ――さくらじゃない。

 今、彼が好きなのは、サキなんだ。

 葉山さんはもう一度わたしを抱きしめた。そして、全身が熱くなる、しっとりとした声が耳元で囁く。
「……抱いても、いいか……?」
 彼の言葉の意味が分からないうちに、ゆっくりとソファに横たえられる。
 抱きしめられたまま、身体の上に彼の存在を感じる。あの言葉が、“抱きしめてもいい”という意味ではないと、そのときやっと気づいた。

 それに気づいても、……イヤじゃなかった。

 わたしは今、自分でも抑えられないほど、驚いてしまうほど、葉山さんに愛しさを感じている。
 好きな人に求められるというのは、こんなにも心と身体が昂ぶるものなのかと、驚くほどだ。
 どうせ夫婦になるのだから……。そんな機会が少しくらい早くたって……

 けれど……
 今のわたしは、“さくら”じゃない……

 “サキ”のまま、葉山さんに身を預けるのはイヤ。
 葉山さんが“サキ”を求めるのは、イヤだ。

 自分自身に嫉妬している。こんな気持ちを、わたしは自嘲する。
 わたしは、なんて馬鹿なことをしてしまったのだろう。
 他人を装い、葉山さんを騙すなんて。

 わたしが返事をせずに身体を固めていたせいだろうか。葉山さんは苦笑をしながら顔を上げてわたしを見つめた。
「なんてな……。すまない。驚いたか?」
「……あの……」
「そんなことをしてはいけないな。……これから先、サキは、こんな衝動的にではなく、本当に心の底から好きになれる男に巡り会えるかもしれないのに」
 葉山さんはわたしを見つめたまま、綺麗な双眸を切なげに細める。
「そのときに後悔したら大変だ。一夜の気の迷いで、行きずりの男に身を任せてしまったって……」
 寂しげに笑う彼を見ていると、胸が苦しくてしようがない。わたしはまたもや涙が浮かんできた。
「葉山さん、わたし、後悔なんてそんなこと……」
 否定しようとするわたしの頬を撫で、横の髪をひと房指に絡めて、彼はその髪に唇を付ける。
「……すまない、サキ……。俺がおまえを“匿う”なんて引き受けたせいで、おまえに、一生他人には言えないような経験をさせてしまったようだ。なにもないにしろ、会ったばかりの男と一夜をすごしたなんて、女としてのおまえに、傷を付けてしまったようなものだ。どんな理由があったにしろ、……俺は、大人として、男として、軽率だったのかもしれない……」
「そんなこと言わないで!!」
 わたしは両腕を葉山さんの肩から回し、彼に抱きついた。
 確かに、出会ったばかりの男の人に家出の手伝いをしてもらい、たとえなにもなくとも、その人と一夜をすごすなんて。もしもこれが葉山さんじゃなかったなら、わたしだって恥ずかしくて人には言えない。
 けれど、それを望んだのは、わたし。
「わたしがお願いしたんです……。わたしが……。わたしが葉山さんと一緒に行きたかったの! わたしは、後悔なんてしません! ……葉山さんに優しい気持ちをもらって、葉山さんを好きになれたことは、わたしの、……思い出の宝物です!」

 必死の想いを口にしながら、わたしの目尻からは幾筋も涙が流れ、髪の毛まで濡らしていった。

「葉山さんが……、好きです。……わたしは、一生この日を忘れません……。好きです……好き……」
 感情の昂りのまま、わたしは何度もその言葉を繰り返す。
 好きという言葉が、こんなにも心を熱くするものだなんて、知らなかった。
 彼の禁句としておきながら、わたしだけが繰り返す、好きの言葉。わたしを抱きしめる葉山さんの腕は間違いなく震え、その力は増した。
 そして彼は、信じられない名前を口にする。

「――さくら……」

 ビクッと大きく身体が震えた。
 まさか、わたしの正体に気づいて……。そう疑いかけたが、そんなはずはなく、すぐに葉山さんの辛そうな声が耳元で響いた。
「おまえが……“さくら”なら、良かったのに」

 それは、葉山さんにとって、愚かな望みであったのかもしれない。
 けれどわたしにとって、それは現実……

 わたしはさくらだ。サキではない。
 けれど、葉山さんにとって、今のわたしは“サキ”だ。だから、わたしはこのまま、サキでいなくてはならない。
 わたしはさくらです、と、今、声に出して言ってどうなる?
 この、一夜の恋を壊してしまうだけ。
 葉山さんがくれる、サキに対する優しい気持ちを、傷つけてしまうだけ。
 だからわたしは、まだ“サキ”でいるしかない。

 心の中の桜は、相変わらず花びらを散らし続けていた。
 ひらり……
 はらり、と……

 わたしの心の中に、葉山さんへの想いを、どんどんと降り積もらせていく。

 脳裏に浮かぶのは、桜の群生の中に佇む葉山さんの姿。
 桜の魔法。
 満開の桜の中に佇んでいた人。
 一目で、わたしの心を奪った人。
 ……たった一日で、わたしに恋を教えてくれた人。

 一目惚れなんて言葉は、物語の中にしか存在しないものだと思っていた。
 なのに……

 葉山さんの温かい体温と心地良い重さを感じながら、わたしたちは一晩中、夜が明けるまで、ソファの上で身体を寄せ合っていた。

 朝が来なければいい……

 そう思ってしまった気持ちは、きっと葉山さんも同じ。
 抱きしめる彼の腕の強さが、それを教えてくれていた。
 辛くなるほど……



【続きます】






もくじ  3kaku_s_L.png 2017・短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 溺愛マリッジ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のエトセトラ
総もくじ  3kaku_s_L.png 迷宮の天使*LS*
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋桜~さくら・シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【6/1 6月の色々】へ  【『休憩室』塩パン】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【6/1 6月の色々】へ
  • 【『休憩室』塩パン】へ